インプラント・入れ歯治療|藤原歯科医院|東成区今里駅すぐの歯医者

〒537-0012
大阪府大阪市東成区大今里1丁目37-21
06-6973-0101
ヘッダー画像

インプラント・入れ歯治療

インプラント・入れ歯治療|藤原歯科医院|東成区今里駅すぐの歯医者

インプラントとは

インプラント治療とは、歯を失ってしまった際にその部分を補うための治療法です。
歯を失ってしまった部分に「インプラント」と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着することで天然歯とほぼ変わらない見た目・噛み心地で、歯の機能を回復させることができます。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

インプラント

  • ・噛み心地の違和感が無い
  • ・健康な天然歯を削る必要がないため、自分の歯を残すことが出来る
  • ・見た目が美しい
  • ・手術が必要
  • ・自費治療のため治療費が高額になる
  • ・治療期間が比較的長い

入れ歯

  • ・治療が比較的簡単で短期間
  • ・保険も自費も選べる
  • ・自費の素材によっては見た目がきれいに出来る
  • ・硬いものが食べにくい
  • ・保険適用の部分入れ歯だと金属が目立つ

ブリッジ

  • ・ほとんど違和感なく噛める
  • ・自費の素材によっては見た目がきれい
  • ・治療期間が短い
  • ・保険適用であれば比較的安価
  • ・隣の健康な歯を削る必要がある
  • ・支えとなる隣の歯に負担がかかる
  • ・歯肉の間に食べ物が挟まると虫歯の危険性が高くなる

コンピューターガイドシステム

コンピュータガイドシステムというのは、インプラント治療を行う際にCT撮影で得られた画像をコンピュータで3次元的に再構築し、インプラントの埋入シミュレーションを行って、そのシミュレーションどおりに手術を行えるようにするシステムです。

インプラント治療の種類

GBR法(骨造成誘導法)

あごの骨の高さや幅が少ないと、そのままではインプラント治療はできません。 GBR法は主にそういったケースでもインプラントの植立が可能になるように骨を再生(造る)させる方法です。 この方法は、手術により遮断膜を歯肉の下に入れ骨の再生するスペースを作って行います。このスペースがないと歯肉の再生のスピードが速いため、歯肉が入り込み、骨の再生ができません。そして、このスペースに骨補填材を填入し、骨を再生(造成)します。 この方法により、今まで困難だった骨量が少ない箇所のインプラント治療が可能になりました。

サイナスリフト法(上顎洞底挙上術)

骨再生(GBR)法の中でも、上顎の奥歯の部位(歯槽骨部)にインプラント治療を行う場合、この部位に骨が非常に少ないことが多くあります(特に歯周病にかかった方に多くみられます)。この薄くなった部位の鼻の方の上顎洞(副鼻腔)の底部にインプラントが埋入できるように骨を造る方法をサイナスリフト法と呼んでいます。 他の医院でインプラント治療を断られた患者様もお気軽に当院にご相談ください。数々の実績を持つ当院で、不可能だった治療を可能にします。

ソケットリフト法

上の奥歯が抜け少なくなってしまった骨を補うために、空いたスペースに骨補填材などを入れて少なくなった骨を再生させる術式です。 サイナスリフトが歯が生えていた部分の側面からアプローチするのに対して、ソケットリフトでは、歯が生えていた部分からアプローチして骨を再生します。 部分的な少量の補強になりますが、治療の傷口が小さくて済みます。

All-on-4

All-on-4は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。 従来、全ての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素がありました。 All-on-4(オールオンフォー)は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに通常より長いインプラントを埋め込み、インプラントおよび骨にかかる力を広く均等に配分することにより、最小4本のインプラントで全ての人工の歯を支えます。手術や費用の負担を必要最低限に抑えた新しいインプラント治療法。それがAll-on-4です。骨の量等、患者様の状態によっては6本で行うAll-on-6を行います。まずはご相談いただけましたら、詳細にプランをご説明いたします。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、外科手術によって顎の骨に埋め入れた2~4本のインプラントに入れ歯を固定する治療法のことです。 入れ歯が顎の骨にしっかり固定されるため、食事や会話の途中でずれたり外れたりするような心配がありません。また、症例にもよりますが、現在ご使用の総入れ歯を使い続けることもできます。

入れ歯

こんなお悩みありませんか?

  • ・入れ歯が痛い
  • ・入れ歯がゆるく感じる
  • ・入れ歯がよく外れる
  • ・入れ歯をしていると話しづらい
  • ・金属が目立つのが嫌だ
  • ・入れ歯との隙間に食べかすが詰まりやすい

入れ歯について

歯を失ってしまうと、たとえそれが1本であっても、見た目が悪くなったり、食事が不便になったり、発音に影響が出たりするものです。さらに、歯が抜けたまま放置していると、歯がずれて噛み合わせや歯並びまで崩れてきてしまいます。
そこで歯を補う治療が必要になりますが、入れ歯はその適用範囲の広さから、歯が抜けた場合に最も多くの人に選ばれている治療法です。
入れ歯には「あまり噛めない」「外れる」「違和感が強い」というようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。ですが、最近ではそのようなデメリットを克服した様々なタイプの入れ歯が開発されてきています。

総入れ歯とは

総入れ歯とは、上下のどちらかの顎で自分の歯がまったくない場合に使われるのが総入れ歯です。歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療になります。

部分入れ歯とは

部分入れ歯は、抜歯後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯に「バネ(クラスプ)」をかけて安定させるもので、欠損が1本だけの場合から、歯が1本しか残っていない場合まで対応できます。

入れ歯治療のメリットデメリット

メリット

  • ・周囲の歯を削る量が少ない
  • ・保険適用出来るケースがある
  • ・治療期間が比較的短い
  • ・適応範囲が広く様々な症例に対応出来る

デメリット

  • ・違和感が大きい
  • ・審美性が良くない

入れ歯の種類

レジン床義歯

歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険診療の入れ歯です。 金属素材よりも多少厚みがあるので熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくくなります。また、人によって装着時に少し違和感を覚えることがあります。 一般にレジンは、他の素材と比べて適合性がやや劣ると言われていますが、最近ではこのデメリットを改善できるレジン床義歯も出てきています。保険適用なので安価に治療でき、ほとんどの症例で使用できるといったメリットもあります。

金属床義歯

金属床義歯とは、入れ歯の主要部分を金属で作った入れ歯です。 レジン(プラスチック)に比べて丈夫な素材である金属を使うため快適で、たわまず、丈夫な入れ歯を作ることが可能になります。 金属ならではの薄い仕上がりは違和感を少なくし、お口の中を広く感じさせ、熱の伝わりの良さで一層おいしく食事を楽しむことができます。

ノンクラスプデンチャー

義歯を残存歯に固定する金属バネ、「バネ(クラスプ)」が無い義歯です。「バネ(クラスプ)」がないため、口腔内に溶け込み目立たなく審美性が高くなります。