矯正歯科|藤原歯科医院|東成区今里駅すぐの歯医者

〒537-0012
大阪府大阪市東成区大今里1丁目37-21
06-6973-0101
ヘッダー画像

矯正歯科

矯正歯科|藤原歯科医院|東成区今里駅すぐの歯医者

あなたの歯並びはどれですか?

出っ歯

  • ・出っ歯が気になる…
  • ・口元が出ているのが気になる…
  • ・出っ歯で口が閉じにくい…
  • ・下の歯が上の歯ぐきの内側を噛んで腫れてしまう…

出っ歯の原因

歯性上顎前突と骨格性上顎前突に大別されます。歯性上顎前突は、上下顎の骨格的なバランスに問題はなく上顎前歯が前方に突出している状態で、原因として指しゃぶり等の悪習癖が考えられます。骨格性上顎前突は下顎骨に対して上顎骨が前方に突出した状態で、先天的なものであると考えられます。

出っ歯に適している治療法

歯性上顎前突症の場合は、矯正装置のみで改善することが可能です。 抜歯は必ずしなければならないわけではありません。 軽度な歯性上顎前突は歯列を後方に下げることで改善されますが、程度が著しい場合は抜歯が必要となります。 また、骨格性上顎前突の治療では外科手術を併用することがあります。

叢生

  • ・歯のでこぼこを治したい…
  • ・歯のガタガタを治したい
  • ・歯が重なっているのを治したい…
  • ・歯磨きがしにくい
  • ・八重歯を改善したい…

叢生の原因

歯のでこぼこ(叢生・乱杭歯・八重歯)の原因は、顎と歯の大きさの不調和な関係にあります。 顎が小さいことに対して歯が大きい場合に、歯の正しく並ぶのに必要なスペースがなくなってしまった結果、歯並びがでこぼこになってしまいます。 また乳歯が早期に抜けてしまった場合にもその空間に左右の歯が移動し、生え変わる永久歯のスペースを奪ってしまうケースもあります。

叢生に適している治療法

小児の場合

取り外し式の装置を使用して、顎を広げる治療を行い永久歯の生えてくるスペースを確保していきます。

成人の場合

歯列を拡大したり、奥歯を後方へさげてスペースをつくり凸凹を整えていきますが、重度の場合は抜歯が必要になります。

受け口

  • ・受け口が気になる
  • ・自分も治療をしたので、子どもの受け口が気になる
  • ・噛み合わせが合わない
  • ・しゃくれた顎が気になる

受け口の原因

まず受け口・しゃくれとは、噛み合わせが通常とは逆の向きになっていることであり、見た目でいうと下の歯が上の歯よりも前に出ている状態です。 受け口・しゃくれの原因には、

  • ・親族が受け口やしゃくれである場合などの、遺伝によるもの
  • ・前歯の向きが内側に生えてしまい、下の前歯が外側に生えてしまった場合
  • ・噛むときに顎を前に突き出す、舌で下顎の前歯を押し出すなどの幼少期の癖が長期的に続いてしまっていた場合

があります。

受け口に適している治療法

小児の場合

取り外し式または固定式の装置を使い、上の前歯を前に押し出して反対咬合を改善します。 骨格的な成長のアンバランスがある場合は、下顎の成長を抑える装着や上顎の前方成長を誘導する装置を使用し、上下顎の成長バランスを整えながら咬み合わせを改善していきます。

成人の場合

基本的にはワイヤーを用い上顎歯列を前に出し下顎歯列を後ろに下げる治療になり、抜歯が必要な場合もあります。 矯正治療だけでは改善が難しい場合や骨格的なアンバランスの改善(下顎をさげたい)をご希望の場合は、外科矯正治療(顎の外科手術を併用した矯正治療)の適用となります。 外科手術は、「下顎骨切り術(セットバック法)」という施術方法で、下顎の骨切りを行い、後方へスライドさせます。

すきっ歯

  • ・笑ったときのすきっ歯が気になる…

すきっ歯の原因

すきっ歯の原因は、主に顎と歯の大きさの関係にあります。 顎が大きいことに対して歯が小さい場合に、バランスの関係上歯に隙間ができてしまいます。 また虫歯や歯周病などが原因で歯を失ったり、歯がない状態が続いた場合にも隙間ができることがあります。

すきっ歯に適している治療法

小児の場合

お子さんの場合、乳歯と顎の大きさの発達の関係から、永久歯が生えてくれば自然とすきっ歯が改善される可能性があります。 ですので無暗に矯正治療を行うことはいたしません。 一度診断を行い、もし矯正治療が不要であれば様子を見ていきます。 将来的に矯正治療がもし必要なタイミングがくれば初めて治療を開始するようにしています。

成人の場合

ワイヤーを使用することで、歯と歯の間の隙間を埋めることが出来るように歯の移動をさせていきます。

開咬

  • ・常に口が空いているのが気になる
  • ・前歯で噛み切れない
  • ・サ行、ラ行の発音がしづらい

開咬の原因

開咬(かいこう)とは、奥歯はかみ合っているのにもかかわらず、前歯が噛み合っていない状態です。 開咬の原因は、遺伝的な問題や幼少期に問題あることがあります。 指しゃぶりの癖(どっちかというと出っ歯)や上下と前歯の隙間を舌で触ったり、押し続けてしまう癖が原因となってしまいます。

開咬に適している治療法

小児の場合

開咬は、子どものころであれば矯正治療で対応できる場合がほとんどです。 小児は“タングクリブ”という柵がついている矯正装置を使用することで、舌で前歯の隙間を触ってしまう癖を治していきます。 また開咬の方は物を飲み込む際に、舌で歯の隙間をふさいで口内の圧を調整する、舌突出癖を持っている方がほとんどです。 開咬の根本的な原因は舌を前に突き出して歯の間を広げてしまうことにあることから、この癖を治さないと開咬は一度治療が完了しても再度復活してしまいます。 当院では、根本的な解決を目指すため、開咬の矯正治療と同時に物を飲み込む訓練を行っていきます。

成人の場合

成人の場合、矯正治療で対応できる場合は顎間ゴムを使ってワイヤーの治療を行っていきます。 また小児の場合と同様に、根本的な解決を目指すために舌突出癖を克服する訓練も行っていきます。 また程度が著しい場合や骨格的に問題があるなどの場合によっては外科手術を行うこともあります。

矯正歯科装置の種類

金属ブラケット

歯の表面に金属性のブラケットを接着する、一般矯正(唇側矯正、頬側矯正)に使用されるもっともオーソドックスな装置です。

メリット

  • ・金属製のため薄くて丈夫であり、歯にかける力の調整がしやすい
  • ・多くの不正咬合の症例に対応することができる
  • ・他の装置に比べて安価なため、治療費を抑えることができる
  • ・金属部分に汚れがつくと曇りですぐに分かり、歯ブラシによるお手入れが比較的簡単

デメリット

  • ・銀色のブラケットが目立ち、審美的に劣る

審美ブラケット

金属ブラケットの審美的に劣るという欠点を補うために作られたブラケットです。

メリット

  • ・金属ブラケット同様、多くの症例に対応できる
  • ・装置が透明なセラミックでできているため、目立ちにくい
  • ・非金属性のブラケットなので、金属アレルギーの方でも使用可能

デメリット

  • ・金属ブラケットに比べ、費用はやや高い
  • ・金属ブラケットと比較すると、多少強度が弱く壊れやすい
  • ・金属ブラケットより治療期間が長くなる場合がある